RUDIMENTS

IN WATER DISCO EP

RMT-AL023
CAT.NO – RMT-AL023
FORMAT – 12inch
PRICE – 1575(tax in)
RELEASE – 2010.9.


TRACK LIST
1. IN WATER DISCO
2. BIGGABUSH VERSION
都会の中に突如として現れた<楽園>を想起させるBLAST HEAD通算6枚目となるアルバム『NU ISLAND』から待望の12inchアナログカット。大胆かつ繊細に施されたサウンドコラージュが、自然界と宇宙を往来するかのような七変化のサウンドトリップを生み出しフロアを沸かすであろう一曲!さらにBLAST HEAD“初”となるリミックスを、UKブレイクビーツシーンでROCKERS HI-FIやLIGHTNING HEAD等、幾多のプロジェクトに於いて確かな足跡を残してきたが手がけたスペシャルな一枚!

小鳥のさえずり、バスの警笛に人の雄叫び、パーカッションにフルート、サックス、スペイシーなシンセ…ラテンやファンク、アフロなど様々な音楽的要素を見事に抽出&ブレンドし、ジャンルの垣根を破壊し、エレクトリックミュージックの新境地に挑戦するBLAST HEADの真摯なスタンスを感じることが出来る好楽曲を待望のヴァイナルカット。渦巻くダイナミックなサウンドコラージュや息を呑むドキドキな展開は今回も健在で、DJ HIKARUの現場からのフィードバックが色濃く反映されている。DJがフロアで鳴らすことも想定内な極上サウンドメイクで、心地よく刻まれるキックとドラムスでステップを踏まずにはいられない。テクノやハウスの疾走感とファンクのうねるような太さを合わせ持った、未来的であり土着的、はたまたその中に存在する楽園を想わせる楽しさ満点のトラックとなっている。さらに今回はこの楽曲を、90年代、良質なクロスオーヴァーな楽曲が数多くリリースされる中で、そのソウルやファンクを経由したダブ解釈が高い支持を得た〈ROCKERS HI-FI〉、JAZZANOVAメンバー主宰のSONAR KOLLEKTIV傘下に設立されたドイツのレーベルBEST SEVENから2002年〈LIGHTNING HEAD〉名義でリリースした、ラテンとダブを掛け合わせた名盤『STUDIO DON』、DJ HIKARUも現場でプレイし話題となったスヌープドギードックを10人編成バトゥカーダスタイルでカヴァーした〈MAGIC DRUM ORCHESTRA〉、そして昨年は再び〈LIGHTNING HEAD〉名義で、UKの新レーベルLION HEADからアフロビートへとアプローチした7inchのリリース等々…揺るぎない音楽性と共に着実な活動を続けてきたGLYN BUSHことBIGGA BUSHが独自の視点で再解釈しリミックス。誰もメスを入れたことのなかったBLAST HEADの世界に新たな彩りを加えた。オリジナルのダブバージョンとも取れるドラムとベースの形骸化、ネタの再構築、さらにはBIGGA BUSHにしか出せないであろう独特の雰囲気を持ったアフロビート。熟考されたその構成は一聴しただけではなかなか味わい切れない深い中毒性を持っている。オリジナル楽曲のバウンス感は損なうことなく、グルーヴィーなエレクトリックピアノによる味付けのみで全く新しいものへと再生させた、高い音楽性を伴った楽曲構成によってその類稀なセンスを見せつけた好リミックス!またアートワークには2nd以降、BLAST HEADの12inchおよびDJ HIKARUのMIX CDのジャケットすべてを担当してきたKIZM氏が制作した、アルバム『NU ISLAND』用のデザインを、Coffee & Cigarettes Band、KINKA、三宅洋平などのデザインをてがけているJIMBOがリエディット。楽曲とともに新たな息吹を吹き込んだ。日本を舞台に活躍する気鋭のクリエーターの感性と、海を隔てたところで活躍する音楽家の志、そのシンクロ二シティが果たしてどんな新しい楽園像を見せてくれるのか…楽しみな一枚である。

Modified Date: 2011年11月19日