RUDIMENTS

ASSASIN EP

RMT-AL015
CAT.NO – RMT-AL015
FORMAT – 12inch
PRICE – 1575(tax in)
RELEASE – 2008.12下旬


TRACK LIST
1. Assassin
2. I’m a Fool to Want You (2008 Spin-off Version)
今回の作品には AUDIO SUTRA SOUND の背景がかいまみられる。UKアーティスト達の影響を多大に受けてる彼らは、古くは Mars、Bomb The Bass、Massive Attack、Pressure Drop、Sandals 等の影響は大きく、なかでも Pressure Drop、Sandals に関してはそのアティチュードまで引き継いでいる。そんな彼らにとってこの作品でのUK発のDUBSTEP シーンへのアプローチは当たり前の事であり、SAHIB、DUBSAP、新メンバーSAARAはある種感覚の一つとしてこのプログラミングで見事なコラボレーションをみせている。彼らはJUNGLE、D&Bからの影響も大きく、青山BLUEで開催されていた彼らのパーティではPlug、 Photek、Dope Dragon、Roni Sizeを好んでPlayしていた。特に Photekの作品には感銘を受けており、”侘びと寂び” の効いたストイックかつトリッキーなビート、独創的で研ぎ澄まされた世界感を今回の作品『assasin』では見事なまでにその質感を出すことに成功している。尺八の演奏には、元Audio Sutra のメンバーである イケガミケンジが feat.され、多年に渡る彼の修行の成果を十分にみせており、その雰囲気を格別なものへと仕上げるのに一役を担っている。『I’m a fool to want you』は2001年にネット配信で発売された FREE MAN の代表曲の一つで、今回 2008 Spin-off Version として再構築。I’m a fool to want you はjazzのスタンダード曲で Billy Holiday が歌う作品は特に有名である。FREE MANのメンバーで JAZZ BROTHERS のメンバーでもある SAHIB の持ち味が生かされている。ボーカルは、同じくFREE MANのメンバーで、現在 Crossbred や TERESA11 などで活躍する Rie Lamb Doll が歌っており、その歌唱力と表現力は抜群である。

Modified Date: 2011年11月21日