RUDIMENTS

Waiting is DUB

RMT-CD005
CAT – RMT-CD005
FORMAT – CD
PRICE – 2415YEN (tax in)
RELEASE – 2007.9.16


TRACK LIST
1. Everyday
2. Special Request
3. Supernatural High
4. Wise
5. Slippery
6. Malabar
7. Shining Beacon
8. Waiting Is Dub
9. South Beach Peach
10. Snakebite
11. Unnatural
12. Ciao
13. Wise – DRM vs Marihito
  (Chimp Beams) Remix
ニューヨークを拠点として活動するカナダ出身のEric Ratz, Domenic Macri、John Gilbertの3人からなるChronic Sonataは、その製作スタイルをレゲエ、ダブ、ファンク、ジャズ、ロックなどあらゆる音楽からインスピレーションを得ている。
 Chronic Sonataの製作スタイルとして優先的に取り入れたダブの手法を用いて、これまでに耳にしたことのないようなオーガニックなサウンドスケープと、聴覚にうったえてくるソニックサウンドを融合させ、チルアウトな雰囲気を醸し出す独創的な世界を展開している。
 ニューヨークはブルックリンを拠点にレゲエ〜ダブ、民族音楽等の要素を取り入れたブレイクビーツ作品をリリースするレーベルBASTARD JAZZからもシングルをリリース、またアルバム先行シングルとなる「Waiting is DUB EP」はブレイクビーツ、ヒップホップ、ハウスなど幅広いリスナーから高い評判を得る。
 エクスクルーシブ・トラックとして、ニューヨークを拠点に活動し、昨年リリースしたアルバム『Menina』が話題となった日本人ダブ・ブレイク・ビーツ・ユニットCHIMP BEAMSのMARIHITOと、BASTARD JAZZのオーナーでもあり自身の作品もリリースするDJ DRMがタッグを組み、収録曲「Wise」のリミックスを担当。

Modified Date: 2011年11月20日