RUDIMENTS

BEADS

DDCA-2003
CAT – DDCA-2003
FORMAT – CD
PRICE – 2520YEN (tax in)
RELEASE – 2006.08.09


TRACK LIST
1. Forestfunk
2. Eternal Sun
3. Horizon
4. Imaginary Moon
5. Bondance
6. Burnin’
7. Prayer
8. Quietstorm
9. Scape#1
10. Reverie Dub
11. Valley
12. Wahala (KINKA Remix)
ー AKOYA AFROBEAT ENSEMBLE
今迄に活動してきたacca、KEY OF KNOWLEDGE、MONKAともまた違った新境地へと進化した今作は、ハウスやブレイクビーツ的なアプローチをしつつもKINKAならではの独創的なリズムを生み出し、レゲエやチルアウト、そして民族音楽から生み出される緩やかでオーガニックなエッセンスが散りばめられた静と動が織りなすダンスミュージック。
いつからか音のかけらが記憶のどこかに留まり、いつしかそのかけら同士が手を繋ぎひとつの塊になった。塊に息を吹きかけ磨きあげた音の粒はあらたな光沢を放つ。そして、今まさにその光の粒ひとつひとつが繋ぎ合わさり、さらなる輝きを放とうとしている。これまでにユニットマスターとして、数々のアーティストとコラボレート作をリリースしてきたKINKA君がじっくりと愛情を込めて大切にしてきた音の粒〜BEADS〜。
長い経験が培ってきた彼の初ソロ作品に参加したミュージシャン達が、その音の粒を丁寧に紡ぎ合わせていく。ギター&ベースにダブセンスマニアのLui、キーボードで参加しているNov、Jebski、Slow Didiの演奏している気持ち良い音が自然とあたたかく伝わってくる。人が音と出会い、人とヒト音とオトが繋がり、人が音を紡ぐ。音楽を通じての出会いは数々のドラマを生み出す。もしあなたがこの作品を手に取り聴いたなら、ここから生まれる素敵な出会いに期待していいかもしれませんね。
TEXT by GRASSROOTS-Q
80 年代後半にDJを始め、90年代後半からこれまでにKEY OF KNOWLEDGEやMONKA、acca等のユニットでSOUND CHANNELやO-PARTS、RUDIMENTS等のレーベルから多数の作品をリリースしてその名を知られるKINKAが長期に渡る製作期間を経て遂に1STソロアルバムをリリース!!SOUND CHANNELのレーベルメイトNOV、JEBSKI、SLOW DIDI、DOL-LOP、TAIYO達がゲスト参加して花を添え、ダブセンスマニアのLUIもギターとベースで参加して「夏」を感じさせてくれるギターを披露。これまでSOUND CNANNELから12インチのみでリリースした曲やTURBO SONICのCDコンピ提供曲、リリースが延期中のAKOYA AFROBEAT ENSEMBLEのリミックス等も収録した、1STソロアルバムにしてベスト盤的な雰囲気も濃厚な曲揃い。メロウなブレイクビーツからダンスフロア向けの熱いトライバルトラック、DOPEなロービート等の多彩なグルーヴをたっぷり。KINKAが長年に渡り音楽から得た経験をあらためて音楽に変換して生まれた豊穣な実りがここに。
TEXT by abe shuji a.k.a. dj yogurt(upsets/stylus)

Modified Date: 2011年8月10日