RUDIMENTS

BLAST HEAD

PROFILE
1997年に東京・東高円寺の人間交差点として知られるクラブ・バー“GRASSROOTS”で出会い結成したDJ HIKARUとTETSUからなるサウンドスケープ・ユニット。99年から00年までにsonic plateから1st《ONE》、2nd《Stone Generation》をリリースし、01年には自身のレーベルfree handを立ち上げBlast Headの完全なる世界を確立した3rd《HEAD MUSIC》をリリースする。02年には時空/free handで、4th《LANDSCAPE》をリリースし更なる広い音楽ファンを魅了し、04年にはUAのアルバムへプロデュース参加。07年には5年振りとなる5thアルバム《OUTDOOR》を発表。2009年はBlast Head名義では初となるNYを拠点とするレーベルCODEK音源をMIXした《MIDDLE TASTE OF CODEK》をRUDIMENTSからリリース。DJ HIKARUは日本を代表するDJとして全国を飛び廻る日々…、TETSUはソロ・ライブやリミックスワークを数多く手掛ける。そして、2009年夏には各々の音楽活動をフィードバックさせたBlast Head 6枚目のアルバム《NU ISLAND》をリリースした。
WORKS

Modified Date: 2011年11月19日